夕暮れの諏訪湖に打ち上がった花火=15日午後7時、諏訪市

夕暮れの諏訪湖に打ち上がった花火=15日午後7時、諏訪市

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し

諏訪湖祭湖上花火大会の伝統継承 大輪10発

信濃毎日新聞(2020年8月16日)

 諏訪市の諏訪湖上に15日夜、10発の花火が打ち上がった。新型コロナウイルス感染症の影響で今年は中止となった「諏訪湖祭湖上花火大会」の伝統をつなぎ、コロナからの一日も早い復興の願いも込めて市が企画。2分間、湖上の空に大輪の花が広がった。

 花火大会は戦没者の追悼と戦争の混乱からの早期復興を願い、1949(昭和24)年から始まった。開催は毎年8月15日で、市などの実行委員会が主催している。この日は午後7時、湖に浮かぶ初島から花火を打ち上げた。湖畔にいた人からは「花火だ」と歓声が上がり、拍手が起きた。

 金子ゆかり市長は「今年は皆さんに残念な思いをさせてしまった。我慢した分、来年は華やかな花火を楽しみたい。コロナ収束のための協力もお願いしたい」と話していた。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット