海や雲など、生まれ育った福井の自然をベースに心象風景を描いた板垣さんの作品=8月16日、福井県福井市松本1丁目のギャラリーサライ

海や雲など、生まれ育った福井の自然をベースに心象風景を描いた板垣さんの作品=8月16日、福井県福井市松本1丁目のギャラリーサライ

福井県 福井・永平寺 祭り・催し

故郷の自然をモチーフに 鯖江の画家が個展

福井新聞(2020年8月18日)

 福井県鯖江市の画家板垣旭さん(28)の県内初個展「僕の原点」(福井新聞社後援)が8月16日、福井市松本1丁目のギャラリーサライで始まった。生まれ育った福井の自然をモチーフに移りゆく季節の一瞬を捉え、油やアクリルで色鮮やかに描いた心象風景画25点が並ぶ。31日まで。

 板垣さんは京都嵯峨美大で油絵を学び、2016年に帰郷。仕事の傍ら、海や雲、木々、花などの自然を題材に、色彩にこだわった制作にいそしんでいる。

 躍動的な波と、淡く美しく漂う雲を描いた30号の作品「また次に」には、京都市で昨年開催した個展を終え、今後も作家として成長していくという強い決意を込めた。巧みに色を塗り重ねており、板垣さんは「生で鑑賞していただき絵肌をじっくり味わってもらえれば」と話していた。

福井・永平寺 ニュース