猫のキャラクター「ぶど夫」をラベルにあしらったワイン

猫のキャラクター「ぶど夫」をラベルにあしらったワイン

長野県 松本・上高地・美ヶ原

「ぶど夫」ラベルのワインできたニャ~ 松本らしさ背景に

信濃毎日新聞(2020年8月21日)

 松本市入山辺の山辺ワイナリーは、ワイナリーを紹介する猫のキャラクター「ぶど夫(お)」をラベルにあしらったワインを発売した。ぶど夫はワイナリーを経営する「ぶどうの郷(さと)山辺」の従業員が考案し、今年4月からツイッターで発信。今季のブドウ収穫を控えてワインのPRに力を入れている。

 ぶど夫のラベルは背景に松本城や北アルプス上高地などを描き、松本らしさを強調。ツイッターのフォロワーを対象にしたプレゼントで今夏、ぶど夫のラベルをあしらった景品を用意すると「かわいい」と好評だったため、商品に活用することにした。対象のワインは「コンコード」と「ナイヤガラ」の甘口で税込み1350円。ワイナリー店舗のみで販売する。

 ツイッターは、製造・販売担当の山本淳平さん(27)らが運営。ワイナリーの様子を毎日投稿し、フォロワーは400人近くまで増えた。ぶど夫のツイートを見てワイナリーを訪れる人もいるという。

 ワイナリーでは9月前半から、デラウェアやナイヤガラといった品種を皮切りにブドウの収穫が始まる。長梅雨の影響で農作業が遅れたものの、最近の好天でブドウの生育は順調。11月には新酒が出来上がる予定で、山本さんは「ぶど夫を通じてワイナリーを盛り上げたい」と話している。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット