精巧な彫刻が施されたメロンやスイカの作品=8月22日、福井県福井市のハピリン

精巧な彫刻が施されたメロンやスイカの作品=8月22日、福井県福井市のハピリン

福井県 福井・永平寺 祭り・催し

果物に咲く彫刻の花 福井でカービング展

福井新聞(2020年8月23日)

 スイカやメロンなどの果物に模様を彫り込む「フルーツカービング」と、せっけんに彫る「ソープカービング」の作品展(福井新聞社後援)が8月22日、福井県福井市のハピリンで始まった。涼やかな芸術作品が訪れた人を楽しませている。23日まで。

 フルーツカービングは700年以上の歴史を持つタイの伝統工芸。現地で腕を磨いた坂井市出身の佐藤朋子さん(49)=京都市=が指導する福井新聞文化センターなど県内3教室の受講生約30人が、100点余りを出品している。

 使うのは専用ナイフ1本。メロン、リンゴ、ウリなど果物、野菜の作品の多くは展示前日に制作した。スイカに花びらを彫り込んだ作品は果肉の赤、内皮の白、表面の緑が織りなす鮮やかなコントラストが見もの。新型コロナウイルス感染症の終息を願い、アマビエを彫った作品もある。買い物客らも足を止め、感嘆しながら写真に収めていた。

福井・永平寺 ニュース