チャレンジショップを始める総持寺通り=輪島市門前町

チャレンジショップを始める総持寺通り=輪島市門前町

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 祭り・催し その他

門前の空き店舗無料貸し出し 總持寺開創700年、にぎわいを

北國新聞(2020年8月27日)

 輪島市門前町の総持寺通り協同組合は9月11日から、同通りの空き店舗を無料で貸し出す「チャレンジショップ」を始める。期間を限定し、お試しの機会を設けることで新規出店を促すのが狙い。来年の曹洞(そうとう)宗大本山總持寺の開創700年を機に、かつて寺の門前で栄えた通りのにぎわいを取り戻す。
 貸し出すのは、総持寺通りに面した木造2階建ての1階部分で広さは17・5平方メートル。業種は問わず、最短で半日から借りることができる。無料とする期間は今後決める。
 総持寺通り商店街は總持寺祖院の門前町として発展した。2007年3月の能登半島地震で甚大な被害を受け、その後も少子高齢化や後継者不足などを理由に店が次々と減少した。1965年に55店あった商店は現在、約30店まで減った。
 開創700年を迎える来年には總持寺祖院で記念事業が行われ、全国から檀信徒が集い、多くの観光客が訪れることが予想される。
 このため、総持寺通り協同組合は空き店舗を解消して地域の活性化を図ろうと、昨年11月から四つの空き店舗でテナントの募集を開始、地元住民から1件出店申し込みがあった。開業を志す人がより気軽にチャレンジできる環境を整えようと、無料で貸し出しすることを決めた。
 組合は、残る空き店舗3棟でも引き続き新規出店者を募っていく。五十嵐義憲代表理事は「どんどんチャレンジしてもらって、一緒にこの通りを盛り上げていきたい」と意気込んだ。
 チャレンジショップの募集は9月1日から。問い合わせは、輪島市櫛比の庄禅の里交流館内の総持寺通り協同組合=0768(42)3550=まで。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット