鎌を打ち込む宮当番の中村さん=中能登町金丸

鎌を打ち込む宮当番の中村さん=中能登町金丸

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し

鎌打ち豊穣を願う 七尾・中能登3神社で神事

北國新聞(2020年8月28日)

 石川県無形民俗文化財「鎌打ち神事」は27日、中能登町と七尾市の3神社で営まれ、関係者が神木「タブノキ」に鎌を打ち込み、五穀豊穣を願った。
 神木に打った鎌が台風などの天災を鎮め、農作物を守ると伝わり、北陸では七尾市江泊町の諏訪神社と中能登町藤井の住吉神社と同町金丸の鎌宮(かまのみや)諏訪神社の3神社で営まれている。
 鎌宮諏訪神社では、お諏訪祭り(本社後援)が行われ、梶井重明宮司(76)が祝詞を奏上し、宮当番の中村正栄さん(74)がはしごに登り、神木に鎌を2丁打ち込んだ。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット