長尾山総合公園の開園20年を記念し、展示されているタペストリー=8月21日、福井県n勝山市の同公園

長尾山総合公園の開園20年を記念し、展示されているタペストリー=8月21日、福井県n勝山市の同公園

福井県 勝山・大野 その他

開園20年で巨大恐竜が感謝? 福井県勝山市・長尾山公園

福井新聞(2020年8月28日)

 福井県勝山市で発掘された肉食恐竜「フクイラプトル」を描いた巨大なタペストリーが、同市の長尾山総合公園に展示されている。公園を管理するNPO法人「恐竜のまち勝山応援隊」が開園20年に合わせて設置。来訪者にこれまでの支援への感謝を伝えている。

 タペストリーは、公園にある県立恐竜博物館の開館記念イベント「恐竜エキスポふくい2000」の特設ステージに飾られたもので、大きさは横12メートル、縦6メートル。同法人によるとセーレンが無償で制作し、恐竜研究家として知られる漫画家・イラストレーターのヒサクニヒコさんが作画を手掛けた。エキスポ実行委から同法人が譲り受けて保管していた。

 同法人は6月にタペストリーと、エキスポのマスコットキャラクター「フクリュウ」「フッピー」のオブジェを園内道路脇の斜面に設置。「ありがとう20年」の看板も備え付けた。同法人の上田秋光副理事長は「タペストリーには開園からの思い出が詰まっており、展示してこの20年の感謝を表したいと考えた。また20年後にも飾ることができるといい」と話した。展示は9月いっぱい続ける予定。

勝山・大野 ニュース