愛称が黒蜜姫に決まった黒イチジク=宝達志水町北川尻のJAはくい押水集出荷場

愛称が黒蜜姫に決まった黒イチジク=宝達志水町北川尻のJAはくい押水集出荷場

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 特産

愛称は「黒蜜姫」 宝達志水の黒イチジク JAはくい、初出荷

北國新聞(2020年9月1日)

 JAはくい押水いちじく部会が栽培する高級品種の黒イチジク「ビオレソリエス」が31日、初出荷を迎えた。愛称は全国751点の応募から「黒蜜姫」に決定。県内最大のイチジクの産地である宝達志水産のブランド化を目指す。
 果皮が黒く、果肉は紅色で、糖度が18度以上の甘さが特徴。初日は宝達志水町北川尻のJAはくい押水集出荷場に、松浦尚輝部会長が40パック(1パック300グラム)を持ち込み、金沢へ出荷された。
 セレモニーでは、JAはくいの山本好和組合長が「町発展の起爆剤になると期待している」とあいさつし、寳達典久町長が激励した。
 イチジクの生産農家は42軒で、そのうち7軒が黒イチジクを栽培している。11月中旬まで金沢と東京に計2・4トンの出荷を見込む。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット