浅原選手がデザインしたTシャツ

浅原選手がデザインしたTシャツ

長野県 上田・小諸 その他

支援のスクラム、菅平に6018万円 苦境の旅館へCF目標以上

信濃毎日新聞(2020年9月2日)

 上田市菅平高原の旅館経営者らの「WE ARE スガダイラーズ・プロジェクト」が、インターネット上で支援を募ってきたクラウドファンディングが31日締め切られ、6018万円が集まった。同高原では新型コロナウイルスの影響で合宿が減り、旅館経営者が苦境に陥っている。過去に合宿したラガーマンがツイッターで情報を拡散するなど"スクラム"を組んで「合宿の聖地」を応援。目標の5千万円を大きく上回った。

 プロジェクトを進めてきた菅平高原旅館組合の大久保寿幸副組合長(48)は、トップ選手や学生らが協力してくれたことに感謝。「温かく力強い応援をもらって、宿泊施設が『継続する』『諦めない』と思う気持ちの原動力になっている」と話した。

 返礼品にTシャツや、宿泊施設が所有するグラウンド計86面の命名権などを用意。8月中旬、トップリーグの日野レッドドルフィンズ所属の浅原拓真選手がデザインしたTシャツを追加したことで支援金が大きく伸びた。

 命名権はグラウンド1面30万円で、最終的に65面の支援を得た。うち32面の命名権を電気器具企画製造などの「ネオ・コーポレーション」(大阪市)が獲得。同社は「困っている合宿の聖地を応援しようと思った」としている。

 菅平高原には例年、ラグビーやサッカー、陸上などの1500チームが合宿に訪れるが、今年は新型コロナの影響で例年の5%ほどに激減する見込み。支援金は126軒の宿泊施設が加盟する菅平高原旅館組合の運営費のうち、宿泊施設が支払う分に充てる。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット