7カ月ぶりの「ホームタウンライブ」を開く、プロジェクト代表のタカハシケンジさん(右)と音楽クリエーターの久保顕理さん=福井市のハピリンホール

7カ月ぶりの「ホームタウンライブ」を開く、プロジェクト代表のタカハシケンジさん(右)と音楽クリエーターの久保顕理さん=福井市のハピリンホール

福井県 福井・永平寺 アウトドア・レジャー

ホームタウンライブ再び 福井で7カ月ぶり

福井新聞(2020年9月5日)

 福井ゆかりのアーティストが福井市のハピリンホールでほぼ毎月開催してきた「ホームタウンライブ」が9月11日夜、新型コロナウイルス禍による中止から7カ月ぶりに開かれる。県内在住のシンガー・ソングライター6組が出演し、1曲ずつ交代で披露する。出演者らは「生の音楽の良さを伝えたい」と意気込んでいる。

 ライブは、市の第三セクターまちづくり福井の主催、県内の音楽関係者でつくる「ホームタウンプロジェクト」の運営で、ハピリン開業直後の2016年5月からほぼ毎月開いてきた。新型コロナ禍で今年2月14日以降の開催を見合わせてきたが、観客数の制限や休憩中の換気などコロナ対策をして7カ月ぶりに開催することにした。

 プロジェクト代表のタカハシケンジさん(元ザ・ルーズドッグス)は、6~7月にハピテラスで開かれたライブイベントに出演し「生の音楽を多くの人が待っていると再確認できた」と話す。

 11日夜のホームタウンライブでは、客席を囲むように複数のステージを設け、タカハシさんを含む出演者6組が代わる代わる披露する。「出演者のつながりが垣間見えると思うので、みんなでライブを作り上げる感じが伝われば」と話している。

 午後7時開演。チケットは前売り千円、当日1500円。高校生以下は500円で未就学児は無料。ハピリン3階の市にぎわい交流施設などで購入できる。動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信も試行する。

 出演アーティストは次の皆さん。

 秋本美穂、だいもんてつじ、石黒タカシ、タカハシケンジ、佐々木詩菜、TSUJI

福井・永平寺 ニュース