競輪用語をちりばめたラップソングを歌うSWAMP(ユーチューブから)

競輪用語をちりばめたラップソングを歌うSWAMP(ユーチューブから)

新潟県 燕・三条・弥彦 その他

魅力は上々♪行こう競輪場 ラップ動画でPR 弥彦競輪場

新潟日報(2020年9月8日)

 「大腿(だいたい)四頭筋からハムストリング(太もも裏)を確認♪」

 弥彦競輪場(新潟県弥彦村)を運営する村公営競技事務所は、弥彦競輪の魅力や競輪用語を歌詞にちりばめたラップソング「Ring Ring Ring(リン リン リン)」をユーチューブで公開している。

 20~40代の若い世代が競輪に興味を持つきっかけにしてもらおうと企画。作詞作曲は三条市出身で、自身も競輪にはなじみがなかったというラッパーSWAMP(スワンプ)が担当した。

 歌詞にはレースで後方の位置から一気に追い抜きをかける「まくり」や、残り1周半ほどから全力でペダルをこぐ「もがき」、高配当車券を意味する「468(ヨーロッパ)」などの競輪用語が並び、疾走感あるリズムを刻んでいる。

 4分弱のミュージックビデオには、実際のレースのほか、競輪場に隣接する弥彦神社や弥彦名物パンダ焼きも登場する。

 村公営競技事務所の本間信一副参事(50)は「ラップで耳に残った単語をきっかけに競輪に興味を持ってもらい、実際の競輪場で熱い雰囲気を感じてほしい」と話した。

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット