「カテゴリー1」に認定された若狭おばま観光案内所=9月11日、福井県小浜市駅前町

「カテゴリー1」に認定された若狭おばま観光案内所=9月11日、福井県小浜市駅前町

福井県 敦賀・若狭 その他

若狭おばま観光案内所を「英語対応可能」に認定 福井県小浜市

福井新聞(2020年9月17日)

 福井県小浜市のJR小浜駅前にある若狭おばま観光案内所(市インフォメーションセンター)がこのほど、外国人向けサービスを実施している観光案内所を3種類に区分する日本政府観光局の制度で、非常勤の職員らが英語で対応する基礎的な「カテゴリー1」に認定された。

 8月31日付で、期限は2023年8月31日まで。同案内所によると、県内では現在、11施設がカテゴリー1に認定されているという。最上位の「カテゴリー3」は英語など3カ国語で案内できる。

 同案内所には英語対応が可能なスタッフが3人いる。常駐ではないが、ほぼ毎日1人以上出勤。不在時にはタブレットの通訳システムを活用。英語のほか中国語、韓国語、タイ語、ロシア語にも対応している。

 原田優輝事務局長は、新型コロナウイルス感染拡大が収束して「インバウンド(訪日外国人客)観光が復活した時には快適な小浜の旅を提供したい」と話している。

 同案内所は若狭おばま観光協会が運営。英語を話せる職員が常駐する「カテゴリー2」認定を目指している。

敦賀・若狭 ニュース