眼鏡職人の作業風景を間近に見ることができる「鯖江駅眼鏡」=10月8日、福井県鯖江市のJR鯖江駅

眼鏡職人の作業風景を間近に見ることができる「鯖江駅眼鏡」=10月8日、福井県鯖江市のJR鯖江駅

福井県 鯖江・武生・越前海岸 その他

JR鯖江駅で眼鏡作り見学 構内にPRブース 9日開所

福井新聞(2020年10月9日)

 福井県鯖江市の玄関口のJR鯖江駅に鯖江のものづくり産業をPRする新たな拠点をつくろうと、駅構内の市観光案内所内にPRブース「鯖江駅眼鏡」が10月9日オープンする。眼鏡職人が常駐して作業風景を見学できるほか、フルオーダーのオリジナル製品などさまざまな眼鏡が買える。8日に内覧会があり、報道機関に公開された。

 ものづくり産地の見える化事業の一環として、市が今春、眼鏡、越前漆器、繊維の企業や関係団体を対象に、ブースを運営する事業者を募った。その結果、同市小泉町の眼鏡・時計修理業「リペア」が運営事業者となった。周辺観光施設との連携強化、地域住民や観光客との交流促進など幅広いにぎわい効果の創出を目的としている。

 鯖江駅眼鏡にはリペアの眼鏡職人が常駐し、通りに面したガラス窓の前で作業しており、いつでも見学できる。越前漆器の蒔絵を施した眼鏡枠などオリジナル製品をセミオーダー・フルオーダーで購入できるほか、色とりどりの眼鏡枠なども並ぶ。眼鏡枠の材料を使ったスマートフォンスタンド作りなどワークショップも体験できる。

 リペアの戸祭宏樹社長は「ものづくり産業に触れられる場所になればと手を上げた。楽しく愉快な場所になってほしい」と話した。営業時間は午前10時から午後6時まで。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース