収穫の最盛期を迎えているマコモタケ=10月6日、福井県越前町赤井谷

収穫の最盛期を迎えているマコモタケ=10月6日、福井県越前町赤井谷

福井県 鯖江・武生・越前海岸 特産

マコモタケ 食感良し 福井、越前町で収穫期

福井新聞(2020年10月9日)

 福井県越前町で特産化を目指し栽培されている「マコモタケ」の収穫が最盛期を迎えている。シャキシャキした食感から"秋のタケノコ"とも呼ばれ、みずみずしさとほのかな甘みが楽しめる。

 マコモはイネ科の多年草で、太く膨らんだ茎の根元がマコモタケと呼ばれる。県内生産者らでつくる「越前まこも会」の司辻校一会長(68)は10月6日、同町赤井谷の水田で約500本を収穫した。丈が2メートル近くに育ったマコモを刈り取り、手際よく葉をそぎ落とし、根元を25センチ前後に切りそろえていった。

 司辻さんは「調理しやすい万能野菜。天ぷらや炊き込みご飯がおすすめ」と旬の味に太鼓判を押した。収穫は10月末まで続き、同町内の農産物直売所などで販売される。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース