ライトアップされ、幻想的な風景が浮かび上がった白米千枚田=輪島市白米町

ライトアップされ、幻想的な風景が浮かび上がった白米千枚田=輪島市白米町

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 祭り・催し

千枚田四季の彩り 2万5千個LED使用

北國新聞(2020年10月18日)

 輪島市の国名勝「白米(しろよね)千枚田」を約2万5千個の発光ダイオード(LED)で彩る「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」が17日、同市白米町で始まった。今年は約4万平方メートル全ての棚田が4色に発色し、見物客が幻想的な風景を楽しんだ。
 4色は千枚田の四季をイメージし、桜のピンク、苗や木々の緑、稲穂の黄金、日本海の荒波の青の順で15分ごとに色を変えた。
 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、点灯式や御陣乗(ごじんじょ)太鼓の演奏、花火の打ち上げなどのセレモニーが中止となったものの、ボランティア250人がぬかるんだあぜに約50センチ間隔でLEDを差し込んだ。
 あぜのきらめきは今季が10回目で来年3月14日まで毎日、日没から約4時間点灯される。道の駅千枚田ポケットパークでは、「輪島ふぐラーメン」など点灯期間限定のメニューも販売される。
 大阪府から男女3人で訪れた楠田ゆかさん(26)は「一日の最後に、光の色が次々に変化する光景を見て感動した」と話した。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット