闇の中で光を放つツキヨタケ=21日、有峰湖周辺 (長時間露光、草東良平撮影)

闇の中で光を放つツキヨタケ=21日、有峰湖周辺 (長時間露光、草東良平撮影)

富山県 富山・八尾 その他

夜の湖畔に妖艶な光 富山・有峰でツキヨタケ

北日本新聞(2020年10月24日)

 発光するキノコとして知られるツキヨタケが、富山市の有峰湖周辺(標高1100メートル)で見られ、蛍光色の緑の光を放っている。

 枯れたブナやナラに自生する毒キノコで、有峰では例年、9~10月に生える。手のひらほどの大きさがあり、主に裏側のひだが光る。

 有峰森林文化村の担当者は「今年は2週間ほど遅れて生えている。大ぶりできれいなキノコだが、毒があるので気をつけてほしい」と呼び掛けている。

富山・八尾 ニュース