池の平湿原の紅葉を楽しむ散策者

池の平湿原の紅葉を楽しむ散策者

長野県 上田・小諸 花・紅葉

カラマツの紅葉、秋空に映え 東御・湯の丸高原

信濃毎日新聞(2020年10月28日)

 東御市の湯の丸高原で、一帯に広がるカラマツの紅葉が見頃を迎えている。27日は朝から青空が広がり、オレンジ色の山肌が日に照らされていた。標高2千メートルの池の平湿原では、秋の彩りを楽しもうと散策する人の姿が見られた。

 池の平湿原は所々で霜が降り、南東にある「放開口」からは雲海も見えた。埼玉県から夫婦で訪れた大上誉継(おおうえよしつぐ)さん(71)は紅葉と食を楽しみに来たといい、「新型コロナでなかなか外出できず、今年初めて紅葉を見られた」。

 湯の丸高原ビジターセンターによると、紅葉は10月いっぱい楽しめそうだが、今年は急に冷え込む日が続き、早く葉が落ちる可能性もあるという。小林政明センター長(73)は「しっかりと着込んで、湯の丸を楽しんでほしい」と話していた。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット