「能登ワインヌーボー」の瓶詰め作業を進める社員=穴水町旭ケ丘

「能登ワインヌーボー」の瓶詰め作業を進める社員=穴水町旭ケ丘

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 特産

能登ワイン新酒上々、来月12日発売 穴水で瓶詰め始まる

北國新聞(2020年10月29日)

 穴水町旭ケ丘の能登ワインで28日、今年の新酒「能登ワインヌーボー」の瓶詰め作業が始まった。11月11日に同社で発表会を開き、12日から北陸三県を中心に酒販店やインターネットで全国一斉に販売する。
 赤ワインは今年から加えたヤマソーヴィニヨン種とツヴァイゲルトレーベ種、白ワインはシャルドネ種を主体としたブレンドで、赤は4千本、白は2千本の出荷を予定している。
 価格は1760円(税込み)で、同社の丸山敦史営業係長は「今年は台風の影響がなく高品質。新酒の生き生きとした酸味とフルーティーな味わいを堪能してもらいたい」と話した。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット