鮮やかに紅葉した清水寺のカエデ=6日、長野市若穂保科

鮮やかに紅葉した清水寺のカエデ=6日、長野市若穂保科

長野県 長野市周辺 花・紅葉

カエデのトンネル抜け秋の中へ 長野・清水寺の参道

信濃毎日新聞(2020年11月7日)

 長野市若穂保科の清水(せいすい)寺で、イロハカエデやミネカエデなど境内のカエデ約230本が色づき始め、参道をトンネルのように鮮やかに彩っている。昨年の台風19号で20本ほどが倒れる被害を受けたが、新たに50本のノムラカエデを植えて参拝者を迎えている。

 6日、学生時代からの友人と紅葉を見に訪れた千曲市のパート従業員小山朋恵さん(48)は「紅葉した赤や黄にまだ緑の葉も残っていて、七色のような多くの色が楽しめました」と話し、好みの写真のアングルを探しながら境内を散策していた。

 同寺を管理している北野和男さん(71)によると、今年の紅葉はこのところの冷え込みで例年より1週間ほど早く進んでいる。来週の半ばに最盛期を迎え、今月下旬まで楽しめそうという。恒例の「清水寺もみじまつり」は新型コロナウイルスの影響で中止した。

長野市周辺 ニュース

長野市周辺
イベント

長野市周辺
スポット