10種類のスパイスとハーブで作る本格ネパールカレー。「ダルバートランチ」と呼ばれ、毎月一度だけ味わえる=佐渡市新穂田野沢

10種類のスパイスとハーブで作る本格ネパールカレー。「ダルバートランチ」と呼ばれ、毎月一度だけ味わえる=佐渡市新穂田野沢

新潟県 佐渡 グルメ

月に一度、そば屋でネパールカレー!? 佐渡・新穂田野沢

新潟日報(2020年11月11日)

 そば屋のサイドメニューでしばしば見かけるカレーライス。そばつゆやだしが味の決め手となり、まろやかでおいしいという評判がある。だが、「蕎麦茂左衛門(そばもぜむ)」(新潟県佐渡市新穂田野沢)のカレーはこうした期待を良い意味で裏切る本格ネパールカレーだ。毎月一度しか味わえないとあって、常連客を中心に根強い人気がある。

 同店は2014年、東京からUターンした齋藤和郎(かずお)さん(52)と、佳子さん(51)夫妻が古民家を改装して営業を始めた。看板メニューはあごだしで食べる細打ち十割そば。旬の佐渡産食材をぜいたくに使ったメニューと地酒なども楽しめる。

 カレーは、和郎さんが東京で通ったネパール料理店直伝のレシピを再現した。現地では「ダルバート」と呼ばれ、ご飯に豆のスープや副菜のスパイス料理を混ぜて食べる家庭料理として親しまれているという。

 真ちゅうの大皿には、ネパールから仕入れた10種類のスパイスとハーブで作る副菜などが並ぶ。柔らかいチキンやシャキシャキとした大根など、混ぜ方で異なる食感と香りのハーモニーがやみつきになる。

 11月は15日に提供する。和郎さんは「スパイスと聞くと辛いものを想像する人も多いが、豊かな香りとマイルドな味わいが特徴。本場の味と食べ方を楽しんでほしい」と話した。

     ◇     ◇     ◇

 佐渡市新穂田野沢163の1。昼は午前11時半~午後2時、夜は午後5時~10時。完全予約制で前日の昼までに連絡する。基本は日曜定休だが、カレーは毎月1回、日曜日のランチで提供している。テークアウトもできる。単品1100円。ドリンクセット1350円。予約、問い合わせは、0259(67)7972。

佐渡 ニュース

佐渡
イベント

佐渡
スポット