どぶろくの出来栄えを確かめる関係者=中能登町二宮の天日陰比咩神社

どぶろくの出来栄えを確かめる関係者=中能登町二宮の天日陰比咩神社

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 特産

古代米でどぶろく 中能登・天日陰比咩神社

北國新聞(2020年11月13日)

 藩政期からどぶろく造りを受け継ぐ中能登町二宮の天日陰比咩(あめひかげひめ)神社は今季、初めて町産の古代米を使ったどぶろくを造った。古代米はタンパク質やミネラルを多く含むとされる。12月5日の新嘗祭以降、参拝客に振る舞われる。
 10月27日から仕込み、古代米のほか地元産の酒米「五百万石」などを使って計345リットル分を仕上げた。仕込み中に音楽を流すなど新しい試みに取り組んだ。
 12日は同神社で、今季の出来栄えを確かめる「どぶろく検定」が行われ、試飲した金沢国税局の佐藤泰崇鑑定官室長は「コメの味がしっかり出ており、香りも良い」と評価した。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット