関係者や観光客が参加した閉山式の神事

関係者や観光客が参加した閉山式の神事

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

上高地、にぎわう来季に 激動のシーズン、閉山式

信濃毎日新聞(2020年11月16日)

 松本市安曇の北アルプス上高地で15日、閉山式があった。新型コロナウイルス対策で参加者を限定し、宿泊施設や地元関係者ら約20人が出席。今季は新型コロナや地震、豪雨などの影響で入り込み客が激減したが、関係者らは終盤で戻り始めたことに感謝し、来季へ期待を込めた。

 市山岳観光課によると、4~10月の上高地への延べ入り込み数は37万7300人で、117万人余だった昨季の3割余。ただ、9月は前年同期比51・7%、10月は同80・1%の入り込みとなった。

 河童橋近くで行われた神事では宮司が祝詞を読み、玉串を奉納した。上高地観光旅館組合の小林清二組合長(66)は、9月の4連休ごろから客足が回復しつつあるとし「(一時は)お客さんに忘れられてしまったのではないかと不安だったが、来年の足掛かりに十分なお客さんに来てもらえた。万全の状態でお迎えしたい」と述べた。

 観光客約50人も神事を見守った。東京都国立市の会社員田島泰代さん(50)は今季、山に行くべきか悩んだというが「山小屋が感染対策を工夫してくれて楽しめた。また来年も来たい」と話していた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット