おもてなし広場の手湯スペースにある温泉水持ち帰りボトル=弥彦村弥彦

おもてなし広場の手湯スペースにある温泉水持ち帰りボトル=弥彦村弥彦

新潟県 燕・三条・弥彦 温泉

美の源泉 お持ち帰り 弥彦温泉「おもてなし広場」

新潟日報(2020年11月20日)

 新潟県・弥彦温泉の湯の魅力をPRしようと、弥彦村内の観光施設「おもてなし広場」の手湯スペース横に、源泉を持ち帰りできるボトルが置かれている。

 弥彦温泉は無色透明で臭いもないことから「弥彦は観光地としては知られているが、温泉地としてのイメージが定着していない」との思いを抱く弥彦温泉観光旅館組合のメンバーが企画した。

 メンバーが着目したのは、アルカリ性単純温泉の泉質による美肌効果。「天然の導入美容液」としての使用を想定しており、洗顔後に顔に塗ると、角質が柔らかくなって化粧水が浸透しやすくなるという。

 ボトルは80ミリリットル入りで、スプレー噴射できる。200円(税込み)。手湯の噴出口から直接ボトルに補充する。

 同組合青年部で「山本館」の若女将(おかみ)三富亜紀子さん(41)は「手湯のある場所は源泉から近く、湯が一番フレッシュな状態。男女問わず、新型ウイルスによるストレスで肌が荒れ気味の人に試してほしい」と話した。

詳細情報

リンク
「おもてなし広場」(弥彦観光協会HP内) https://www.e-yahiko.com/notice/2018omotenashi-open.html

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット