出荷に向けて運び込まれた能登志賀ころ柿=志賀町のJA志賀西山選果場

出荷に向けて運び込まれた能登志賀ころ柿=志賀町のJA志賀西山選果場

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 特産

ころ柿、あめ色の輝き 志賀で出荷作業始まる

北國新聞(2020年11月29日)

 志賀町特産の干し柿「能登志賀ころ柿」の出荷作業は28日、同町のJA志賀西山選果場で始まった。初日は国の地理的表示保護制度(GI)に登録され、深いあめ色が特長のころ柿約3千箱が検査された。今季は個数が半分のハーフ箱が新たに導入された。
 JA志賀によると、長梅雨の影響で、柿はやや小ぶりだが、生産量は例年並みで品質も良く、農家の熟練の手もみにより、軟らかさも十分という。選果場では、検査員が色や形を確認してランク分けし、機械を使い、1個ずつ個別に包装して箱詰めする作業が行われた。
 能登志賀ころ柿は29日に初出荷され、30日に金沢、来月1日に大阪で競りが行われる。検査は来年1月12日まで続き、約4万箱(40トン)の出荷を計画している。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット