寒ブナを水揚げする漁師たち=12月1日、福井県あわら市の北潟湖

寒ブナを水揚げする漁師たち=12月1日、福井県あわら市の北潟湖

福井県 あわら・坂井 グルメ 特産

冬告げる銀鱗水揚げ あわら・北潟湖寒ブナ漁開始

福井新聞(2020年12月2日)

 福井県あわら市の北潟湖で12月1日、冬の風物詩・寒ブナ漁が始まった。穏やかな湖に仕掛けた網を漁師たちがゆっくりたぐり寄せ、初日はまずまずの漁獲となった。

 同湖の寒ブナ漁は、水温が下がり動きが鈍っているフナを、地引き網で群れごと捕る伝統漁法。網元の茶谷嘉雄さん(56)が継承している。

 午前8時半ごろから茶谷さんらが舟に乗り、長さ約200メートルの網を湖に仕掛けた。北潟漁協組合員ら約20人が1時間ほどかけ網を陸からたぐり寄せ、銀色の魚影が見え始めると「いるぞ、いるぞ」「フナか、ヘラ(ヘラブナ)か」とざわついていた。

 同漁協の田端和英組合長によると、この日はマブナとヘラブナが合わせて300匹ほど捕れ、コイやスズキもかかった。茶谷さんは「これから水温が下がると漁獲量が増え、フナの身は締まり甘みが増す。刺し身がうまいよ」と話していた。

 寒ブナ漁は来年3月末まで。フナやコイは茶谷水産で扱っているほか、市内のスーパーなどにも出荷する。

あわら・坂井 ニュース

あわら・坂井
イベント

あわら・坂井
スポット