プレゼントされたケーキを兄弟そろって食べる「令」と「和」=富山市ファミリーパーク

プレゼントされたケーキを兄弟そろって食べる「令」と「和」=富山市ファミリーパーク

富山県 富山・八尾 その他

レッサーパンダ兄弟「お別れ会」 富山市ファミリーパーク

北日本新聞(2020年12月6日)

 富山市ファミリーパークから他の施設に移るレッサーパンダの双子「令(れい)」「和(かず)」のお別れ会が5日、富山市古沢の同パークで行われ、親子連れらが今冬から繁殖に取り組む兄弟2匹にエールを送った。

 雄の兄「令」と弟「和」は、昨年7月に同パークで誕生。令和元年生まれにちなんで名付けられた。絶滅危惧種のレッサーパンダは国内60施設で270匹が飼育されており、2匹は日本動物園水族館協会の管理計画に基づき、繁殖のための"婿入り"が決まった。

 「令」は7日に名古屋市東山動植物園、「和」は25日に静岡市日本平動物園に移される。

 レッサーパンダ舎前であったお別れ会では、担当員が2匹の成長記録をモニター映像で振り返り、飼育の思い出などを紹介。来園者と一緒にサツマイモやリンゴ、ニンジンが入ったケーキを作り、2匹にプレゼントした。

 兄弟一緒の姿を見られるのは6日までで、お別れ会に集まった動物園ファンらは2匹のじゃれ合う様子などを写真に収めていた。

富山・八尾 ニュース