長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

再スタートへ、安全な営業祈願 あさひプライムスキー場

信濃毎日新聞(2020年12月7日)

 朝日村の「あさひプライムスキー場」で6日、村やスキー場の関係者が安全祈願祭を開いた=写真。同スキー場は3月に指定管理者が撤退し、一時存続が危ぶまれたが、秋に新たな指定管理者が決定。19日に今季の営業を本格的に始める。

 10人余が出席。あいさつした小林弘幸村長は「今シーズンも安全で事故がなく、ますますお客さんが入っていただけるように祈願したい」と述べた。雪の状況によっては12日にプレオープンし、来年3月7日までの営業を予定する。

 新型コロナウイルス感染症対策として、レストランなどの施設を毎日除菌するほか、受け付けに飛沫(ひまつ)防止のパネルを設置して営業する。同スキー場の責任者で、新指定管理者となった共同事業体「タジマモーターコーポレーション朝日」(大町市)の屋田翔太さん(35)は取材に「松本から近い立地を生かし、身近に楽しめるリゾートとして再スタートしたい」と話した。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット