福梅を仕上げる従業員=金沢市いなほ2丁目の柴舟小出の工場

福梅を仕上げる従業員=金沢市いなほ2丁目の柴舟小出の工場

石川県 金沢市周辺 特産

迎春へ福梅咲く 金沢で製造ピーク

北國新聞(2020年12月8日)

 二十四節気の一つで雪が本格的に降る頃とされる「大雪(たいせつ)」の7日、金沢市いなほ2丁目の「柴舟小出」の工場で正月菓子「福梅(ふくうめ)」の製造が最盛期を迎えた。加賀藩前田家の家紋「剣(けん)梅(うめ)鉢(ばち)」をかたどった紅白のもなかが初春の雰囲気を早くも漂わせた。
 年末まで1日約1万5千個製造される。7日は従業員がもなかにあんを詰める作業に追われ、担当者は「正月は家庭で福梅を囲んで絆を深めてほしい」と話した。

金沢市周辺 ニュース