次々と競り落とされる正月向けの花木=市公設花き地方卸売市場

次々と競り落とされる正月向けの花木=市公設花き地方卸売市場

石川県 金沢市周辺 その他

新春彩る 千両市威勢良く 金沢市地方卸売市場

北國新聞(2020年12月9日)

 正月向けの花木を扱う「千両市」は8日、市公設花き地方卸売市場で開かれ、北陸三県の仲卸業者や小売店主ら約60人が新春の縁起物を競り落とした。
 茨城県産の赤い実のセンリョウや津幡町産のナンテン、宝達志水町産のヤナギの枝を金色に塗った金柳など約9万本が並び、競り人の威勢のいい掛け声が響いた。
 卸売りの「金沢総合花き」によると、今年は台風の影響がなく品質が良く、価格は平年並みだった。20日ごろから北陸三県の生花店に並ぶ。畑下勲社長(77)は「コロナを吹っ飛ばすような美しい生け花や門松を飾って、良い年を迎えてほしい」と話した。

金沢市周辺 ニュース