約100点のリカちゃん人形が並ぶ展示会=12月17日、福井県敦賀市の敦賀赤レンガ倉庫

約100点のリカちゃん人形が並ぶ展示会=12月17日、福井県敦賀市の敦賀赤レンガ倉庫

福井県 敦賀・若狭 祭り・催し

リカちゃん七変化 敦賀赤レンガ倉庫に初代から4代目まで

福井新聞(2020年12月18日)

 家族や身近な生活の中にある「しあわせ」をテーマにした着せ替え人形「リカちゃん」の展示会が12月17日、福井県敦賀市金ケ崎町の敦賀赤レンガ倉庫ジオラマ館で始まった。同倉庫の雰囲気に合わせた会場限定の「ノスタルジー リカちゃん」や、1967年の初代から現在の4代目までの歴代リカちゃん、日本の伝統行事に合わせた着物姿のリカちゃんなど約100点を展示している。来年2月16日まで。

 ノスタルジーリカちゃんは明治~大正期をイメージした紫色のドレスをまとっている。50年間の時代に合わせた髪形や衣装のリカちゃんもずらり。「和の歳時記」コーナーでは、着物姿で「ゆめ」と書き初めするリカちゃんや、家族でこたつに入っておせち料理を食べたり、百人一首を楽しんだりする様子を紹介している。

 初代リカちゃんハウスを等身大にした撮影コーナーも設置。1月5日まで、展示会場で撮影した画像を会員制交流サイト(SNS)に投稿するとオリジナルシールが当たるキャンペーンも実施している。毎日先着50人。

 同展担当者は「コロナ禍で家族の触れ合いの大切さを多くの人が感じていると思う。幸せなリカちゃんファミリーの様子を見て、元気になってもらいたい」と話している。

 午前9時半~午後5時半。入場料大人400円、小学生以下200円(3歳未満は無料)。水曜日と、12月30日~1月2日は休館。

敦賀・若狭 ニュース