長野県 アウトドア・レジャー

観光支援へ長野県民限定宿泊割 県、GoTo停止受け年末年始に

信濃毎日新聞(2020年12月24日)

 県は23日、政府が「GoToトラベル」の適用を全国で一時停止する年末年始に、県民が同居の家族と、もしくは1人で宿泊する際に宿泊料金を割り引く「県民支えあい 家族宿泊割」を実施すると発表した。同居家族などに限ることで人数を抑えて感染対策に考慮しつつ、「GoTo」の一時停止で打撃を受ける県内観光を支援する。臨時の知事会見で阿部守一知事が説明した。

 割引は、一時停止期間中の28日~来年1月11日に適用。宿泊先に身分証明書などで同居家族であることを示すと、宿泊代金が一人1泊5千円以上1万円未満の場合は3千円を、1万円以上は5千円を割り引く。事業者へのキャンセル数の聞き取りなどから4万5千人程度の利用を見込む。事業費は約2億円。

 事業への参加を希望する宿泊事業者は、29日までに県の観光キャンペーンサイト「信州版 新たな旅のすゝめ 宿泊割」で申請する。

長野県 ニュース