出荷に向け束ねられたチューリップ

出荷に向け束ねられたチューリップ

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉

チューリップで心に癒やしを 砺波で切り花出荷最盛期

北日本新聞(2020年12月25日)

 砺波市特産、チューリップの切り花の出荷が同市権正寺の権正寺営農組合(福島洋一組合長)で最盛期を迎えている。

 クリスマス、正月、卒業式などのシーズンに向けた贈答用や自宅観賞用の販売のほか、花き市場へも出荷する。来年3月まで計15万5千本の販売を見込む。組合の作業場では組合員が茎の長さをそろえたり、ラッピングしたりしていた。同組合は「生産者は新型コロナに負けず頑張っているので、お客さんの心にも癒やしと潤いを届けたい」と話している。

 贈答用は12本入り3千円~50本入り8500円(税込み)で、別に送料が必要。問い合わせは平日の午前9時~午後5時に権正寺営農組合で受け付ける。電話0763(37)2241。

砺波・南砺・五箇山 ニュース