牛乗の印を用いた御朱印や御幣、紙絵馬

牛乗の印を用いた御朱印や御幣、紙絵馬

富山県 高岡・氷見・射水 その他

「やんさんま牛乗」の御朱印頒布 射水の加茂神社、元日から限定100枚

北日本新聞(2020年12月30日)

 来年のえと「丑(うし)」にちなみ、射水市加茂中部(下)の加茂神社は、毎年5月に開く県無形民俗文化財「やんさんま祭り」で登場する「牛乗(うしのり)」を表現した特別御朱印を100枚用意した。1月1日から頒布する。

 同神社は牛を神様の使いとし、丑年に願いをかなえるとされる貴布禰(きふね)社が境内にある。やんさんま祭りでは、面とよろいかぶとを着けた牛乗が牛に乗って登場する。若者たちが、牛乗が乗ったままの牛を座らせる「牛乗式」を行う。

 御朱印のほか、悪疫退散を祈る御幣も100個作った。それぞれ500円。奉納された牛にちなんだ絵馬などを印刷した「招福紙絵馬」も無料で配る。

えきねっと びゅう国内ツアー

高岡・氷見・射水 ニュース