お神酒を飲ませるためコイを持つ厄年の男性=庄川水記念公園

お神酒を飲ませるためコイを持つ厄年の男性=庄川水記念公園

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

コイにお神酒、厄託し放流 砺波・庄川水記念公園

北日本新聞(2021年1月8日)

 砺波市庄川町金屋地区の伝統行事「厄払い鯉(こい)の放流」が7日、同所の庄川水記念公園で行われ、厄年の男性がコイにお神酒を飲ませて厄を託し、庄川に放して一年の無事を願った。

 庄川峡観光協同組合が実施。金屋神明宮の氏子で数え年の25歳と42歳の男性計5人が参加した。参加者は同宮での神事の後、コイ4匹をなでて厄を託した。ことしは女性の参加者がいなかったため、同組合員が生きのいいコイの口にお神酒を注いで放流した。

 参加した齋藤貢市さん(40)=金屋、会社員=は「災いのない一年になるよう祈った。新型コロナも早く収束してほしい」と話し、天野翔さん(24)=同=は「参加できなかった同級生の分も、良い年になるよう願った」と語った。

 行事は1816(文化13)年の同宮の厄除け祈願祭で、神前に供えられたコイが長時間の神事後も生きていたため、生命力にあやかって放流したことが起源とされる。

砺波・南砺・五箇山 ニュース