県のご当地ヒーロー誕生に向けて準備を進める三日月さん(左)と田辺社長

県のご当地ヒーロー誕生に向けて準備を進める三日月さん(左)と田辺社長

富山県 富山・八尾 その他

女性戦士 富山の魅力発信 「キットムーン」今春誕生

北日本新聞(2021年1月9日)

■立山のイベント会社企画 

 立山町五百石のイベント会社「エイペックスエンターテイメント」は、県のご当地ヒーロー「きときと戦士『キットムーン』」を今春誕生させるプロジェクトを進めている。田辺桂也社長は「コロナ禍の中、富山の魅力を発信しながら、ヒーローによって子どもたちを励まし、笑顔を届けたい」としている。(井波光雄)

 エイペックスエンターテイメントは、大道芸のイベント企画やチンドン、マジシャンの派遣などを行っている。

 田辺社長は、新型コロナウイルス感染防止で、子どもたちがマスクを着用するため、互いの笑顔を見ないまま生活を続けることを懸念。子どもたちを楽しませようと、女性の戦士を主人公に据えたご当地ヒーローを誕生させるプロジェクトを進めることにした。

 キットムーンは、立山山麓に暮らす売薬さんの女性が変身し、武力ではなく、笑顔の力で悪役「サンダー魔人」と戦う設定。ヒーローが着ける仮面を完成させ、現在、衣装やテーマ曲を制作している。同社に所属するパフォーマーの三日月ことりさんが演じる。

 当面はインターネットの動画による県の魅力発信や福祉施設訪問、交通安全運動への協力、清掃ボランティアなどで知名度アップを図る。浸透すればヒーローショーを行う。

 2月末まで、クラウドファンディング(CF)で100万円を目標に資金を募っている。CFサイトは「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で、問い合わせはエイペックスエンターテイメント、電話076(462)3199。

富山・八尾 ニュース