スキーやスノーボードを楽しむ来場者=七尾市多根町の七尾コロサスキー場

スキーやスノーボードを楽しむ来場者=七尾市多根町の七尾コロサスキー場

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく アウトドア・レジャー

遠出控えゲレンデ満喫 3季ぶり営業 七尾コロサスキー場

北國新聞(2021年1月12日)

3連休最終日の11日、3季ぶりに営業を始めている七尾市多根町の七尾コロサスキー場は、コロナ禍で遠出を控えた家族連れらでにぎわった。
 同スキー場は12月26日に営業を開始した。県内に暴風雪警報が出た1月7日にいったん休業したものの、10日の営業再開にこぎつけた。
 同スキー場によると、11日現在の積雪量は140センチ。10、11日の来場者は計約400人だった。スキー場を管理する湖畔公園コロサ管理組合の白根熙之事務局長は「雪の状態は良く、多くの人に楽しんでもらえると思う。6季ぶりとなる来場者1万人超えに期待したい」とほほを緩めた。現在、雪に埋まっている動く歩道(ムービングベルト)は17日までに再稼働させる。
 同組合によると、七尾のほか輪島や珠洲市、志賀などの来場者が多い。家族4人で訪れた七尾市古屋敷町の川上準一さん(46)は「コロナ禍で県外には行きにくい中、地元で滑ることができてよかった」と笑顔を見せた。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット