幻想的に立ち込める気嵐=21日午前7時5分ごろ、雨晴海岸

幻想的に立ち込める気嵐=21日午前7時5分ごろ、雨晴海岸

富山県 高岡・氷見・射水 アウトドア・レジャー

オレンジ色の朝煙る 高岡・雨晴海岸で気嵐

北日本新聞(2021年1月22日)

 放射冷却現象で厳しく冷え込んだ21日、朝焼けの雨晴海岸(高岡市太田)に気嵐(けあらし)が幻想的に立ち込めた。

 気嵐は冷気で海水が蒸気となり、煙のように見える現象。女岩(めいわ)周辺には日の出前から大勢のカメラマンが訪れ、シャッターを切っていた。

高岡・氷見・射水 ニュース