日本遺産の文化財の一つである生島足島神社。冬至とその前後には夕日が西鳥居(奥)と西御門(手前)越しに沈む=2020年12月17日

日本遺産の文化財の一つである生島足島神社。冬至とその前後には夕日が西鳥居(奥)と西御門(手前)越しに沈む=2020年12月17日

長野県 上田・小諸 その他

上田の日本遺産、ガイド養成講座 修了後は指導的役割期待

信濃毎日新聞(2021年1月22日)

 上田市日本遺産推進協議会は22日、同遺産のガイド養成講座を初めて開講する。第1弾は郷土史研究家や旅行会社の社員が講師を務め、市内のボランティアガイドら14人が受講。文化財の知識や案内の基本を学んでもらい、修了後は指導的役割も担いつつ、日本遺産の魅力やガイドの裾野を広げてもらう狙いだ。

 講座は11コマを計4日間で実施。文化庁が定義する日本遺産の基礎知識に始まり、同市塩田平を中心とした地元の日本遺産「レイラインがつなぐ『太陽と大地の聖地』~龍と生きるまち信州上田・塩田平」の特徴を学ぶ。ガイドの座学、実地研修もあり、2月18日の最終日に試験とグループワークを経て修了する。

 講師は旅行会社クラブツーリズム(東京)や、旅行業務の人材教育などを手掛けるツーリストエキスパーツ(同)の社員ら。県地理学会顧問の佐々木清司さんも務める。

 第1弾の受講者は推進協が立ち上げた文化財活用部会の部会員。今後は一般公募も検討しており、同部会事務局の市教育委員会生涯学習・文化財課は「地域や文化財の魅力を伝える重要な役割。近い将来は、地元の活性化を担う有償ガイドとして活躍してほしい」としている。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット