鮮やかな色で見る人の目を楽しませているアイスチューリップ=23日、長岡市の国営越後丘陵公園

鮮やかな色で見る人の目を楽しませているアイスチューリップ=23日、長岡市の国営越後丘陵公園

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 花・紅葉 アウトドア・レジャー

一足先に春気分 アイスチューリップ 長岡・越後丘陵公園

新潟日報(2021年1月25日)

 開花時期を春から冬に早めたアイスチューリップの展示が23日、新潟県長岡市の国営越後丘陵公園で始まった。まだ色づいたつぼみがほとんどだが、開き始めた花もあり、入園者たちは春の気分を先取りしていた。4500本が順次、花を咲かせて楽しませてくれる。

 球根を低温貯蔵した後、昨年末から室内で15~20度の温度で温め、開花を今年1月下旬~2月中旬に調整した。「花と緑の館」で展示しており、鮮やかなピンクの「クリスマスドーム」や白い「アップデート」など4品種ある。

 園内では、そり用のゲレンデなどを開放する「えちごスノーワールド」を開催中で、雪遊びの合間に同館を訪れた親子連れらは「チューリップが咲いている」と驚いていた。上越市から父親らと来ていた男児(4)は「ピンクの花がきれい」と喜んでいた。

 2月14日まで。月曜休園。

詳細情報

リンク
国営越後丘陵公園HP http://echigo-park.jp/

長岡・寺泊・柏崎 ニュース