さかえ倶楽部スキー場で開かれたかまくら造りの講習会

さかえ倶楽部スキー場で開かれたかまくら造りの講習会

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 その他

かまくらで栄村活性化 観光協が「バルーン」貸し出し

信濃毎日新聞(2021年1月28日)

 栄村秋山郷観光協会が今シーズンから、豪雪地という特徴を生かして「かまくら」を使った観光誘客や地域の活性化を目指している。飯山市外様地区でかまくらによる地域おこしに取り組む「かまくら応援隊」が使う特注バルーン「かまくらくん」を購入し、村民向けにレンタルを始めた。26日には村内のさかえ倶楽部スキー場で応援隊員によるかまくら造りの講習会があった。

 バルーンを半球の形に膨らませ、除雪機などを使いながら周りに雪を集めて、踏み固めながら高くする。同協会が購入したのは高さ2メートルに膨らむバルーンで、雪の厚みを加えるとかまくらの高さは3メートル以上に。同協会によると、雪の降る冬期間のイベントがあまりない中で、何とか雪を生かせないかと導入を決めたという。既にJR森宮野原駅前に1基造ったという。

 26日は集まった地元住民に応援隊員が「全体のバランスを見ながら踏み固めていくことが大事」などと伝えながら1基造った。参加した同村森地区で電器店を営む斎藤龍男さん(77)は「せっかくたくさんの雪が降るんだから、うまく利用して地域を盛り上げたい」と話していた。

 レンタルの対象は村内や近隣の住民。利用料はいずれも1日で、協会員3千円、村民5千円、その他1万円。問い合わせや申し込みは同協会(電話0269・87・3333)へ。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット