化石の発見地の情報などを紹介する地図

化石の発見地の情報などを紹介する地図

長野県 松本・上高地・美ヶ原 その他

大昔は海、四賀示す地図 松本の化石館制作

信濃毎日新聞(2021年1月30日)

 松本市四賀化石館は、同市四賀地区で化石が発見された場所を紹介する大型地図を完成させた。大昔に海の底で、海洋生物の化石が多く見つかる四賀地区の魅力を伝えようと、職員らが約2年かけて作った。地元の名所や史跡も案内し、観光客らに散策を楽しんでもらう。

 地図は約3メートル四方で、同館入り口近くに展示。県天然記念物「シガマッコウクジラ」(約1300万年前)の全身骨格をはじめ、アザラシに似た「アロデスムス」の頭骨などが出土した場所をイラストとともに紹介。戦国時代の山城跡や江戸時代の宿場跡など、中近世の史跡も載せた。

 旧四賀村時代から展示していた地図が古くなったため、2019年に新しい地図の制作を開始。同館職員が化石の発見場所などを改めて巡って、地図に載せる題材を集めた。同館臨時職員でイラストレーターとしても活動する鈴木さゆりさん(49)が地図の絵を担当。「実物を見たくなるよう忠実に描いた。地図を見て現地に足を運んでほしい」と話している。

 2月末まで土日祝日のみ開館。高校生以上310円、中学生以下150円。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット