ライトアップされた菱櫓や五十間長屋=金沢城公園

ライトアップされた菱櫓や五十間長屋=金沢城公園

石川県 金沢市周辺 その他

金沢城公園 365日ライトアップ

北國新聞(2021年2月17日)

 石川県は新年度、金沢城公園を年間を通じてライトアップする。これまでは週末や行楽期などに限定していたが、365日にわたり夜の石垣や城郭を照らし、夜景の魅力を伝える。国重要文化財の特別公開日も60日間増やして年間160日間とする。
 金沢城公園では毎週金土曜と祝前日のほか、紅葉のシーズンなど行楽期の日没後に無料開園し、ライトアップを行っている。また年間150日程度、玉泉院丸庭園や三の丸広場周辺などを照らし、幻想的な空間を演出している。
 昨年は鼠多門(ねずみたもん)・鼠多門橋の一般供用に合わせて7月18日~11月29日の毎日、ライトアップを実施し、好評を得た。県は、鼠多門・橋の完成で全通した、本多の森公園と長町武家屋敷跡を結ぶ「加賀百万石回遊ルート」を活用したまちなか巡りにもつなげようと、年間を通じてライトアップする。
 重要文化財の石川門、鶴丸倉庫(金沢城土蔵)、三十間長屋の特別公開日を増やす。これまでは冬季を除く土日曜と祝日の年間100日程度だったが、春休みや夏休みなど大勢の来園者が訪れる期間も追加する。
 県は新年度当初予算案に、関係事業費として3800万円を計上した。

金沢市周辺 ニュース

金沢市周辺
イベント

金沢市周辺
スポット