約740体のひな人形を並べた展示会=福井県あわら市大溝2丁目の「ラ・ギャルリー・ラコンテ」

約740体のひな人形を並べた展示会=福井県あわら市大溝2丁目の「ラ・ギャルリー・ラコンテ」

福井県 あわら・坂井 祭り・催し

ユニークひな人形740体 あわら・画廊喫茶で展示

福井新聞(2021年2月22日)

 約740体のひな人形を並べた展示会(福井新聞社後援)が、福井県あわら市大溝2丁目の画廊喫茶「ラ・ギャルリー・ラコンテ」で開かれている。囲碁や将棋、茶会を楽しむ様子などユニークな視点で表現している。4月6日まで。

 オーナーが2000年に店をオープンして以来、毎年開いており22回目。孫や娘のひな人形の展示から始め、その後は知人から譲り受けたものや、インターネットで購入した人形を年々足してきた。

 伝統的な7段飾りのほか、手製のミニチュア百人一首を楽しむ五人囃子(ばやし)、オートバイにまたがる仕丁(しちょう)、「大奥」を表現した三人官女など、オーナーが一工夫した人形たちが出迎えてくれる。

 さまざまな格好で釣りや大工仕事をする人形も展示され、来場者は一つ一つ楽しみながら鑑賞している。

 隣接する自宅も会場になっており、昨年までは玄関のみの展示だったが今年は部屋にも並べている。オーナーは「ひな人形をただ並べただけでは面白くないと思い、展示法や並べ方にこだわってきた。あわらに来たときは立ち寄ってほしい」と話している。定休日は水、木曜日。

あわら・坂井 ニュース