敦賀まちゼミの講座で、ハマチをさばく受講者=2月17日、福井県敦賀市神楽町1丁目のおもや鮮魚店

敦賀まちゼミの講座で、ハマチをさばく受講者=2月17日、福井県敦賀市神楽町1丁目のおもや鮮魚店

福井県 敦賀・若狭 グルメ 特産

商店主が知識、腕前伝授 福井県・敦賀まちゼミ今年も人気

福井新聞(2021年2月24日)

 福井県敦賀市内の商店主らが知識や腕前を伝授する「敦賀まちゼミ」が市内28店舗で開かれている。コロナ禍により従来よりも受講者数を制限しながらの開催だが、プロ直伝のこつを学べる機会とあって市民の人気を呼んでいる。

 敦賀商工会議所の主催で3期目。今期は2月上旬から3月中旬まで、各店舗で和生菓子作りやマイまくら作りなど30種類の体験講座などが用意されている。

 同市神楽町1丁目のおもや鮮魚店では17日、人気講座の一つ「魚のさばき方」を開講した。店主がハマチのさばき方を実演しながら、「骨に沿って身を切って」「皮は引っ張ると剥がしやすい」などとアドバイス。参加者は出刃包丁を使い、徐々にこつをつかんでいた。参加した会社員は「今まで自己流だったが、切る順序など参考になった」と笑顔を見せていた。

 講座は店舗ごとに定員や開催日時が異なり、1時間程度。受講無料だが、材料費が別途必要な場合もある。今期は受講者枠約400人のうち、すでに300人ほどが受講した。

 会議所の担当者は「県外への外出を控えている市民から好評を得ている。今後も楽しくわくわくできる取り組みにしていきたい」と述べ、参加店を増やす考えを示した。

 まちゼミの詳細は同会議所のホームページで紹介している。講座に参加したい場合は、直接店舗に電話で申し込む。問い合わせは事務局の同会議所=電話0770(22)2611。

敦賀・若狭 ニュース