原さんがPRする新発売の豚まん(左は辛口)

原さんがPRする新発売の豚まん(左は辛口)

長野県 木曽路 伊那路 グルメ

信州ならではの豚まん 豚肉・松川町、トウガラシ・大鹿村

信濃毎日新聞(2021年3月3日)

 農畜産物生産・加工販売の「さんさんファーム」(松川町大島)は、生産する豚肉を使った豚まんを発売した。肉あんに大鹿村産のトウガラシを練り込んだ辛口の品ぞろえも。小麦粉などの材料は県内産にこだわっており、専務の原実さん(51)は「信州ならではの豚まんを味わって」とPRしている。

 厚みのある生地の中に、うま味のある豚肉や同社の竹林で採れたタケノコで作った肉あんを使用した。辛口はトウガラシの風味がほんのりと鼻に抜ける。両方とも1個税込み350円。60日ほど保存ができる冷凍も販売している。

 さんさんファームによると、例年約40日間イベントに出店し、ソーセージを販売してきたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で販売できる機会が減少。幅広い世代が手軽に食べられる新商品を売り出したかったとしている。

 同社の店舗「さんさんファーム森の家」(松川町大島)、道の駅「歌舞伎の里大鹿」(大鹿村大河原)、道の駅「大桑」(大桑村野尻)で販売している。問い合わせはさんさんファーム(電話0265・36・6608)へ。

木曽路 ニュース

木曽路
イベント

木曽路
スポット