橋梁の再建部分に止まる軌道モーターカー。たわみの確認作業を行った=2日午前10時17分、上田市

橋梁の再建部分に止まる軌道モーターカー。たわみの確認作業を行った=2日午前10時17分、上田市

長野県 上田・小諸 鉄道

別所線「赤い橋」復活軌道に 「ようやくここまで...あと少し」

信濃毎日新聞(2021年3月3日)

 上田市の上田電鉄別所線の全線開通(28日)まで3週間余となった2日、レール敷設を終えた赤い鉄橋「千曲川橋梁(きょうりょう)」に初めて動力付きの車両が入った。2019年10月の台風19号災害で橋の一部が崩落して以降、約1年4カ月ぶり。保線作業を行う軌道モーターカーで橋に荷重をかけ、たわみ具合を確認した。

 午前10時ごろ、橋にモーターカーが到着。造り直した左岸側に停車したり、ゆっくりと行き来したりを1時間ほどかけて繰り返した。同線を走る通常2両編成の車両は約50トンあるため、バラスト(砕石)を積んだ専用運搬車を2両引いて同じ重さにした。

 作業員たちは高性能カメラで撮影するなどしてたわみを計測、基準値内であることを確認した。担当者は「(被災した)あの時からようやくここまで来ることができた。運行再開まであと少し。安全第一で取り組みたい」と感慨深げに作業を見つめた。

 この日は、崩落した左岸にあった踏切の設置作業も始まった。運行開始前日の27日には旅客車両の試運転が行われる。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット