遊歩道脇の斜面で愛らしい花を咲かせるショウジョウバカマ=3月15日、福井県福井市のふくい健康の森

遊歩道脇の斜面で愛らしい花を咲かせるショウジョウバカマ=3月15日、福井県福井市のふくい健康の森

福井県 福井・永平寺 花・紅葉

山林に春の彩り ショウジョウバカマ 福井で見頃

福井新聞(2021年3月16日)

 福井県福井市のふくい健康の森でショウジョウバカマが見頃を迎えている。木漏れ日に照らされた淡いピンクの花が、本格的な春の訪れを告げている。

 ショウジョウバカマはユリ科の多年草。山地の木陰など湿った場所に生息する。名前は、花が中国の想像上の動物「猩猩(しょうじょう)」の赤い顔に、葉の重なりがはかまのように見えることに由来するという。

 咲いているのは施設西側の遊歩道沿い。落ち葉に覆われた斜面からすらりと伸び、山林に彩りを添えていた。

 友人と散策に訪れていた福井市の女性は「毎年、撮影するのを楽しみにしている。今年も出合えてうれしい」と喜んでいた。

福井・永平寺 ニュース