「小林貞吾記念館」の敷地内で見頃を迎えているロトウザクラ

「小林貞吾記念館」の敷地内で見頃を迎えているロトウザクラ

長野県 上田・小諸 花・紅葉

小諸のロトウザクラ見頃 「小林貞吾記念館」敷地内

信濃毎日新聞(2021年3月18日)

 小諸市の飯綱山の麓にある彫刻展示館「小林貞吾記念館」の敷地で、ロトウザクラが見頃を迎えている。17日は淡いピンク色の花びらが風に揺れ、近づく春の訪れを告げているようだった。

 同館によると、植樹後約10年たつ3本は、例年並みの14日に開花し、晴れた15、16日に一気に咲いたという。

 同館は、日中戦争で命を落とした地元出身の彫刻家小林貞吾(1913~44年)の作品約120点を展示している。貞吾のおいで館長の小林太喜男さん(75)=小諸市諸=は「ロトウザクラと彫刻作品を併せてご覧いただきたい」と話している。

 入場無料。問い合わせは同館(電話0267・22・8376)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット