ピンク色の花びらをのぞかせたソメイヨシノのつぼみ=富山市新桜町の松川べり

ピンク色の花びらをのぞかせたソメイヨシノのつぼみ=富山市新桜町の松川べり

富山県 富山・八尾 花・紅葉

松川べり 桜のつぼみ膨らむ

北日本新聞(2021年3月18日)

 富山市新桜町の松川べりで、ソメイヨシノのつぼみがピンク色の花弁をのぞかせ、今にも咲きそうに色づいている。晴れ間がのぞいた17日、川べりの遊歩道を歩く人たちの中には、スマートフォンで撮影する姿も見られた。

 1989年から開花状況を調査している同市公園緑地課によると、咲き始めが最も早かったのは2020年で3月22日。同課は「今年は昨年と同程度の早さで開花する可能性が高いとみている」と話す。

 気象情報会社ウェザーニューズ(千葉)は17日、全国の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表。富山は開花が26日、満開が31日で、いずれも平年より10日早くなると予想している。

 同社によると、年末から1月前半の強い寒気の影響で、桜の芽が目覚める「休眠打破」が順調に進み、その後の高温傾向でつぼみの成長が促されたため、全国的に開花が早まっている。

富山・八尾 ニュース