園内のキバナセツブンソウ。毎日昼頃に満開になるという

園内のキバナセツブンソウ。毎日昼頃に満開になるという

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 花・紅葉

茅野のバラクラ 春の花楽しんで 入園料、月内無料に

信濃毎日新聞(2021年3月20日)

 茅野市の英国式庭園「蓼科高原バラクライングリッシュガーデン」は31日まで、「春の感謝祭~春を告げる小さな花々」と題し、来場者全員の入園料を無料にしている。19日の園内はスノードロップやスノーフレーク、キバナセツブンソウなど春の花々が咲いていた。

 花は2月中旬ごろから咲き始め、現在は10種類ほどが楽しめる。今年は1月の積雪で地中の湿度が保たれ、花の咲き具合が例年よりも良好という。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、「温かい気持ちになってほしい」と入園料を無料にした庭園オーナーのケイ山田さんは「小さな花が咲き始めたので、楽しんでもらいたい」と大勢の来園を待っている。

 20、21日は午前11時半から山田さんらによる有料の寄せ植えの講習会もある。問い合わせは同園(電話0266・77・2019)へ。

今月のお得な国内ツアー びゅう

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット